MONTH

2019年6月

  • 2019年6月27日

全体主義国家の恐怖を描いたSF小説の傑作「1984」

SF小説の金字塔とでもいうべき「1984」。近未来の全体主義国家の恐怖を描いた傑作です。SFが好きな私としては、避けては通れないだろうということで、500ページ近くと結構分厚いのですが読了しました。 「真理省」と「2000万円問題」 「真理省」とは、本作の主人公ウィンストン・スミスが務める省庁。近未 […]

  • 2019年6月24日
  • 2019年6月24日

タイムトラベルSFを読みたい時はこれ!270ページで読み切れる「時砂の王(ときすなのおう)」。

SFが好きな私。SFといっても、もっぱらそれはSF映画のことを指します。中でもタイムトラベルSFは好きなジャンル。メチャクチャ好きな「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、日本のライトノベルを原作にしたトム・クルーズ主演のゲーム感覚SF「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、30年後の自分が自分を殺しに来 […]