映画「ビッグ・フィッシュ」レビュー

よく話を盛る人っていますよね。あの人の話は3割くらい割り引いて聞いた方がいいとか。この映画に出てくるお父さん(エドワード)はそんな人。ただし、普通の人とは比べ物にならないくらい盛ってるけど。話の中に、魔女や巨人が出てきて「そんなアホな」って思いますが、面白いから本当かどうかなんてどうでもよくなる。自分も大阪の人間なんで、誇張が過ぎても面白かったらええやん、みたいなところはある。ティム・バートンというとダークファンタジーのイメージが強いですが、これはとても暖かいおとぎ話。特に、水仙の花がいっぱいの場面のプロポーズは良かったな〜。バートン作品は「シザーハンズ」とこれがすきです。上映中のペレグリンと他の未見作も観ようかと思いました。

最新情報をチェックしよう!