映画「死霊館」レビュー

「ソウ」のジェームズ・ワン監督作。様々な超常現象を研究してきたエド&ロレイン夫妻が実際に体験した「最も恐ろしい事例」を元に描かれたホラー映画。たまたまやけど、同じ日に全く同じ1971年を描いた「タイタンズを忘れない」を観て偶然にびっくり。内容は正反対ですが。「古い家に悪霊が取り憑く」という古典的なホラーのスタイルを踏襲した本作。このジャンルでは、「ポルターガイスト」、「シャイニング」などの名作や、日本では「呪怨」の他、最近の「残穢」なども記憶に新しい。最初はよくあるやつやな、とは思っていたのですが…。これは、かなり怖かった!古き良きスタイルを踏襲しつつ、丁寧に恐怖を盛り上げていきます。夜中に観たらアカンやつでした。明るいうちに観てください。

死霊館 ブルーレイ
最新情報をチェックしよう!