映画「シング・ストリート 未来へのうた」レビュー

1985年、アイルランド・ダブリン。1人の少年が憧れの彼女を振り向かせるために、バンドを結成、次第に二人の関係も変化していく。典型的なボーイ・ミーツ・ガールながら、音楽や楽曲の完成度が非常に高く、UKロック好きの僕にとって非常に楽しめました。80年代なんで、分かるのが「デュラン・デュラン」くらいでしたが。ミュージカルの要素も含まれていて、前作「はじまりのうた」に続いての傑作です。最初の楽曲から、いかにも80年代っぽいテイストでよく作ったなー、と感心至極。どれもこれも、いちいちカッコいい曲ばかり。バンドの成長と共に、主人公の外観もこなれてきて、彼女との関係性も変化していきます。ラストも好きな感じで、オススメ出来る音楽映画ですね。

最新情報をチェックしよう!