映画「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」レビュー

「13日の金曜日」を思わせるスラッシャームービーの中に登場人物が入り込むいわゆる「メタホラー」。メタホラーとは、ホラー映画の定石を踏まえつつ、それをあえて破ったり、ホラー映画の中でホラー映画をやるという入れ子構造になっている映画など、ホラー映画をさらに昇華させたジャンルと言えます。正直、ジャンルとして確立しているのか知りませんが、メタホラーの先駆的作品は「スクリーム」。スクリームもかなり面白く、さらに、このジャンルの最高峰の作品は何と言っても「キャビン」。それだけでなく、母と子の親子愛など、ホラーやのにホロリと来ると言う新たなスパイスも加わっています。主演女優、どこかで観たな、と思ったら「記憶探偵と鍵のかかった少女」の女優さんでした。全てのB級ホラーファンに捧げる一本となっています。隠れた迷作なんで、ぜひ。

最新情報をチェックしよう!