映画「LION ライオン 25年目のただいま」レビュー

まさかのTOHO梅田のスクリーン4。ハズレスクリーンと揶揄されるスクリーンですが、久々に入りましたが、真ん中席やったら、ぜんぜん見れますね。端っこは見れたもんじゃないと思いますが。邦題のタイトルで激しくネタバレしてしもてますが、ラスト近くは涙が頬を伝います。僕も、25年振りにFacebookを通して、幼なじみの親友と再会した思い出があるので、この物語はすごく感情移入できました。インドとオーストラリアで起こった感涙の実話。人の善意が起こす奇跡をぜひ劇場で!!

最新情報をチェックしよう!