映画「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」レビュー

絵本作家ターシャ・テューダーのドキュメンタリー。本作は、NHKで4回に渡って放映された番組に追加撮影された映像を加えた、いわば完全版。さすがNHK製作のドキュメンタリーは見応えがあり、先月鑑賞した「海は燃えている」と比べると非常に見やすいです。本人による絵本の紹介、天上の一幕の絵のように美しいガーデニング、絵のコーギー犬が動き出すアニメーションと目に飽きさせない画面作りで楽しませてくれます。91歳で、土いじりや草むしりも楽しげにこなしていて、まさに「好きこそ物の上手なれ」を体現しているターシャ。僕も、花や植物は結構好きで、桜は今年は4度、梅田にあるうめきたガーデンでは、チューリップを見てきました。これを見ていて、日本映画の「リトル・フォレスト」を思い出しました。東北の小村を舞台に橋本愛が、自給自足で収穫・料理を作るシンプルな映画。このターシャ・テューダーが気に入った方にはぜひオススメしたい作品です。

最新情報をチェックしよう!