映画「オデッセイ」レビュー

SF好きながら、何となく食指が動かず見てませんでした。よく考えてみたら、この主役のマット・デイモンが原因だと気づきました。こないだインターステラーを観たのですが、すごい嫌な役やったんですね。その記憶が残っていて、宇宙服着てるマット・デイモンのパッケージですでに嫌悪感を覚えていたみたいです。食わず嫌いを打破して観てみると、これが面白い!火星に一人ぼっちで取り残される宇宙飛行士のサバイバルを描いた本作。主人公一人の映像と地球での様子が交互に描かれるのですが、とにかくマット・デイモンが超ポジティブ。普通なら諦めかねない局面でも、決して諦めない。この映画を見て、日常や仕事で心が折れそうな時も、立ち上がる糧としたいですね。

最新情報をチェックしよう!