映画「人類遺産」レビュー

世界中の「廃墟」を、ナレーション無し、音楽なしの定点カメラでひたすら映し続ける94分。シネリーブル梅田で、珍スポトラベラー・金原みわさんのトークショー付きで鑑賞。これを映画と呼べるかはナゾですが、廃墟好きの私としてはなかなか楽しめました。冒頭、フクシマの様子が映し出され、そうか、外国の方が見ればここも廃墟なのだな、と。雨が降り注ぐ朽ち果てた自転車置場がもの悲しげでした。「ホモ・サピエンス」という原題ながら、人は一切登場せず、まるで人類絶滅後のディストピアSFのようでもありました。ある日、人が一切いなくなったら…という情景をずっと見させられるような感じで、劇中、ここはどこなんやろ、と常に考えている自分がいました。劇場のあちこちでいびきや寝息が聞こえ、僕も若干の眠気が。人を選ぶ映画と思いますが、廃墟好きにはオススメします。今度、トークショーに出てきた和歌山の友ヶ島に行ってくるんで、とても楽しみです。

最新情報をチェックしよう!