映画「イップ・マン 序章」レビュー

「ローグワン」で鮮烈な印象を残したドニー・イェン。そのドニー・イェンが、香港の武術家イップマンを演じた作品。久しぶりにカンフー映画を鑑賞。カンフーシーンのスピード感、身のこなしや足さばきはまさに一流の一言。日本統治下の中国が舞台で、日本軍の傍若無人さが目に余ります。この辺、いたたまれなくなりますが、だいぶ脚色が強いようですね。本作のイップマンは、あのブルース・リーのお師匠さん。映画のストーリー自体も、「ドラゴン 怒りの鉄拳」によく似ている感じです。あれも日本の圧政に苦しむ様子が描かれていた気がします。イップマンの泰然自若とした人柄も魅力で、レンタルで迷ったらぜひ借りて見てください。

最新情報をチェックしよう!