映画「光(2017/河瀨直美監督作品)」レビュー

河瀬直美監督が「あん」の永瀬正敏と再びタッグを組んだ作品。失明寸前の弱視のカメラマンと映画・音声ガイドの女性とのラブストーリー。恥ずかしながら、この映画で「音声ガイド」の仕事を初めて認識しました。音声ガイドとは、視覚に問題があって映画をそのままで楽しむのが難しい方のために、映画を楽しむためのナレーションを追加する仕事。表現が詳しすぎても、バッサリと削減してもダメと、小説や文学表現のように「程よいさじ加減」が必要なお仕事。この映画を観てそのリアルな描写に唸ると同時に引き込まれました。作品を観ていて感じたのが、自分がいかに視覚に頼っているかということ。視覚障がいの方のセリフの中に、「私たちは映画の中の世界に入り込むのです。」というような表現がありましたが、自分自身がいかに集中力がないか、実感させられました。失明してしまった役柄を演じた永瀬正敏の演技力も凄く、音声や映像も視覚障がいの方の世界を擬似的に表現したものでした。また、ヒロインを演じた水崎綾女は初めて観ましたが、本当に素晴らしい女優さん。彼女の演技に引き込まれ、何度も涙を流してしまいました。2回目、ブルーレイで観る時は、目をつぶって「見よう」と思いました。

最新情報をチェックしよう!