韓国映画「拝啓、愛しています」レビュー

映画サークルの友人オススメの韓国映画。最近観た韓国映画が「チェイサー」、「殺人の告白」、「テロ、ライブ」の3本。僕にとって、韓国映画のイメージは「暗くて重いけど面白い」というイメージ。そんなイメージと相反する一本が、この「拝啓、愛しています」。おじいちゃんとおばあちゃんの恋愛、老いてから出会った友との友情を描いた作品です。韓国映画とは思えないほど(?)の本当にやさしい映画。まるで邦画のヒューマンドラマのようです。三度、四度と堪えきれずあふれる涙。もう一回見たくなる珠玉の一本です。韓国映画っていいなぁ。次は、グエムルか殺人の追憶を観よう。また、重いやつを(笑)

最新情報をチェックしよう!