映画「ディストピア パンドラの少女」レビュー

高度な知性を備えた新世代のゾンビが登場するという異色のゾンビ映画。昨今も「アイ・アム・ア・ヒーロー」、「高慢と偏見とゾンビ」、「ゾンビーワールドへようこそ」など様々なゾンビ映画で私たちを楽しませてくれますが、ここにまた新たな潮流が。「ゾンビ映画➕廃墟」というビジュアルでディストピア物が好きな私としては後半の廃墟感が結構好きですね。前半の基地のシーンは見どころの一つですが、あれが続くと「ウォーキング・デッド」になっちゃうので、このくらいのさじ加減がいいのかな。ラストもいい感じでした。

最新情報をチェックしよう!