映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」レビュー

ついに開幕したユニバーサル・ピクチャーズの古典モンスター映画のクロスオーバー・プロジェクト「ダーク・ユニバース」。クロスオーバーとは、複数の作品群が、共通のストーリーラインを共有すること。マーベルの「マーベル・シネマティック・ユニバース」。バットマンを初めとする「DCエクステンディッド・ユニバース」。最近では、キングコングの「モンスター・バース」も記憶に新しいところ。本作は、製作発表くらいから注目していました。ただ、ミイラのCGなどは完成度高いのですが、正直ちょっと眠くなりました。単体では評価しづらいですが、今後に予定されている「フランケンシュタインの花嫁」、「大アマゾンの半魚人」などのリメイクは非常に楽しみなんで、期待をこめての評価です。

最新情報をチェックしよう!