映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」レビュー

ジャンプを代表する「ジョジョの奇妙な冒険」の実写映画化第一弾。三池監督作品なんで大コケするんじゃないかと心配でしたが、2時間結構楽しめました。私は、ジョジョは第1部〜第6部は読破。スティール・ボール・ランの文庫版を5巻まで読んでいます。連載中のジョジョリオンは途中までなんで、また再開しようかな、と。本作の舞台の第4部は2番目くらいに好きで(1番は第5部)、ジャンプ連載中も毎週楽しみに読んでいました。アニメ版も全部見ました。一部、ストーリー上の改変がありますが、全体的にはよく出来ているなー、と思います。中でも、バッド・カンパニー戦の迫力はなかなかのもの。続編を意識した作りですが、実際に作られるかどうかは興行収入次第のようですね。吉良吉影役が誰になるかですが、藤原竜也か伊藤英明あたりかな。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
最新情報をチェックしよう!