映画「プレステージ」レビュー

映画サークルの同時「仮想」鑑賞会で初視聴。「ダークナイト」、「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督作品。19世紀末のロンドン。ショーマジックの世界を舞台に繰り広げられるノーランお得意のトリック系サスペンス。ラスト近くの展開は見事に騙されました。まさに、ドンデン返しに次ぐドンデン返し。ネタバレになるんで控えますが、ちょっとその設定はどうなん?と思うようなトンデモ設定が気になりますが。この映画を見てて連想したのが、ジャンプの傑作「HUNTER×HUNTER」。念能力という特殊な設定と、登場人物の駆け引き、意外性のあるストーリー展開がよく似てるなぁ、と。ちょっと上記の無理のある設定が気になったので、⭐︎4.0は越えませんでしたが、さすがのノーラン節でしたね、公開迫る「ダンケルク」も非常に楽しみです。

最新情報をチェックしよう!