映画「インセプション」レビュー

「ダンケルク」公開間近のクリストファー・ノーラン監督のSFサスペンス。「夢」にダイブして、アイデアを盗み出す産業スパイの主人公コブに舞い込む不可能ミッション「インセプション(他人の無意識にアイデアを植え付ける)」を描く。まず、夢の中にダイブするというアイデアが秀逸。それだけでなく、後半では多層構造の夢が展開し、若干、頭がこんがらがりますが、見終わった後の鑑賞感はさすがの一言。今回は、劇場公開時に引き続いての再鑑賞。オチの解釈がいかようにも取れますが、今回は意見が変わりました。それにしても、ノーラン作品は何度も楽しめるスルメのような映画が多いですね。「ダンケルク」2回目も楽しみです。

最新情報をチェックしよう!