映画「関ケ原(2017年製作)」レビュー

司馬遼太郎原作「関ヶ原」の映画化作品。石田三成を岡田准一、徳川家康を役所広司が演じ、ビジュアル的にも尺的にも重厚感溢れる作品です。原作の上中下巻を纏めたためなのか、いささか詰め込み過ぎのきらいも。セリフが早口なのと島津言葉や近江あたりの方言と耳での理解も難しい。大河ドラマの「黒田官兵衛」や「江〜姫たちの戦国〜」などでこの辺りの歴史知識はある程度知っているので、理解出来ましたが、後半の合戦は少し置いてけぼりに。それでも、関ヶ原の戦いの完成度、そこに至るまでの両陣営の駆け引きの妙も見応えあり。初芽を演じた有村架純と石田三成の淡い恋も華を添え、日本史好きならオススメの一本です。

最新情報をチェックしよう!