映画「GODZILLA 怪獣惑星」レビュー

1年前の発表から期待していた作品。日本が誇る怪獣王「ゴジラ」を、僕の好きなCGアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズが制作。ポリゴン・ピクチュアズ制作の「シドニアの騎士」、「亜人」、「BLAME!」は全て観ていて、CGのクオリティも話の面白さも複数回の視聴に耐える出来です。今回、ゴジラとしては初のアニメーション映画化。一抹の不安を持ちつつも、総じて良い出来の作品でした。かなりのハードSFで、難しい専門用語がよく出てきますが、説明がしっかりしているので、置いてけぼりにならず理解可能かと思われます。3部作の第1部ということで、まだ明かされてない内容がありますが、今後に期待が持てる内容。後半の戦闘シーンは、進撃の巨人やシドニアの騎士を思わせ、かなり熱い。昔からの特撮「ゴジラ」ファンに受け入れられるのか微妙ですが、僕は楽しめました。

最新情報をチェックしよう!