映画「テルマエ・ロマエ」レビュー

数少ないマンガ原作の実写成功例である「テルマエ・ロマエ」。古代ローマと現代日本をタイムスリップで繋ぐ、銭湯・温泉浪漫譚。キャストを阿部寛、北村一輝、市村正親と、とても日本人には見えない「濃い〜顔」の面々で埋めた時点ですでに面白い。所々、細かいギャグも散りばめ、気持ちよく笑えます。ちょっと古代ローマ史の勉強にもなります。特に、銭湯好きの僕は、富士山の絵、フルーツ牛乳、ケロリン桶など、日本の銭湯の描写に悶絶。笑えて温かい気持ちになる一本です。

最新情報をチェックしよう!