大阪城ランニングステーション「adidas RUNBASE Osaka」(森ノ宮キューズモールBASE)に行ってきました。

スポンサードリンク

adidas RUNBASE Osaka

4/27に開業した「もりのみやキューズモールBASE」。
「走れるショッピングセンター」というランナーとしては
見過ごせないコンセプトのショッピングモール。
その中にオープンした新しい大阪城ランニングステーション
「adidas RUNBASE Osaka」。
早速走ってきました!

JR環状線「森ノ宮」駅にほど近い

個人的なことですが「もりのみや」の漢字変換って迷います。
「森ノ宮」が正しいのか、「森之宮」なのか…
JRの駅の名称としては、「森ノ宮」が正しく、
地域名・町名としては「森之宮」が正しいようです。

森ノ宮キューズモールBASE

「もりのみやキューズモールBASE」の入り口。
天空に鎮座する「ランニングトラック」が度肝を抜きます。
このショッピングモールですが、以前は「日生球場」という球場があったところ。
私は野球に詳しくないのですが、近鉄の本拠地だったらしいです。

森ノ宮キューズモールBASE

芝生の中央広場があって、気持ちいいです。
なんらかのイベントスペースとして使われるようです。
「東急スポーツオアシス」、「ゼビオ」などもあり、
スポーツする人にとっては嬉しい点です。

森ノ宮キューズモールBASEの東急スポーツオアシス

「adidas RUNBASE Osaka」ですが、3階にあります。
東急スポーツオアシス横の階段を登っていきます。
3階には天空ランニングトラックの「エアトラック」、「フットサルコート」もあります。

アディダスのランニングステーション「adidas RUNBASE Osaka」

adidas RUNBASE Osaka

「adidas RUNBASE Osaka」の入り口。
レンタルシューズ用のadizeroが並ぶのが見て取れます。

adidas RUNBASE Osaka

券売機でチケットを買います。
ラーメン屋のようです。
Twitterのフォロー割で600円。
他にレンタルシューズやタオル、ウェアなどもあり、手ぶらでも来られそうです。
イベントなどもあるようです。
横に見えるのがレンタルシューズ。
boostシリーズの履きごたえを買う前に確かめられそう。

adidas RUNBASE Osaka

受付でチケットを渡し入室。
ちょっとわかりにくいのですが、入り口からは
この「レディース」しか見えないのですが、右手にメンズの入り口があります。

adidas RUNBASE Osaka

スポンサードリンク

ここがメンズ(ジェントルマン)の入り口。

アディダスランベース大阪のロッカー

これが、アディダスランベース大阪のロッカー。
受付で渡されたキーと暗証番号でロックする仕組み。
ちなみにシャワーは2室しかありません。

adidas RUNBASE Osakaのメンバーズカード

アディダスランベース大阪のメンバーズカード。
1回のランニングにつき、1スタンプ捺印。
100ポイントでシューズプレゼント!
有効期限が1年で、100回も利用するのは至難の技ですが。
ちなみに月曜は3ポイントです。

天空のランニングトラックへ!

もりのみやキューズモールのランニングトラック

着替え及び準備運動・ストレッチを済ませて、いよいよ屋上の「ランニングトラック」へ!
オープン間もないこともあり、歩行者が多く歩行者天国って趣ですが…。
2km程度走ってみました。
私はトラックはほとんど走ったことありませんが、
フカフカの感触で大変走りやすい!
大阪城で練習する際は、こちらでウォーミングアップや、
インターバルするために取り入れるのも面白いです。

adidas RUNBASE Osakaのガーミンコネクト

あとがき

大阪城のランニングステーションも過当競争になってきました。
その中での「adidas RUNBASE Osaka」。
Twitter割でも600円と割高で、シャワー室も2つしかないのが
マイナスポイントですが、「adidasのシューズレンタルできる」点や、
「森之宮駅、キューズモールのランニングトラックが近い」点が魅力。
私の所属サークルwindrunの集合地点に近いのも嬉しいです。
ですが、やっぱりランナーとしては「銭湯」でゆったり湯船につかったり、
アイシングをしたいところ。
大阪城界隈のランステは今の所「生駒温泉」が最強です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする