映画「つぐない」レビュー。悲しくも美しいラブストーリー!

スポンサードリンク

Amazonプライム対象作品。映画サークルの方に勧められて鑑賞。1930年代の戦時のイギリスのお話。最初は、よくある文芸ラブストーリーかな、と思いきや、後半からの展開が見事。「つぐない」というタイトルの意味が明かされていきます。戦時中の風景でさえ、絵画のように画面が美しく、キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイの美男美女が画面に映える。戦地の憂いを秘めたマカヴォイの視線が強い印象を残します。最後のドンデン返しは、胸に染み入りますね。誰かと感想を言い合いたくなる作品です。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク