初・淡路島!「たこせんべいの里」〜「パルシェ香りの湯」

  • 2019年9月14日
  • 2019年9月16日
  • 淡路島
  • 19View
  • 0件


前回、お届けした
香川県三豊市の紫雲出山フォトウエディング体験記(9/4~9/6)
。いつも淡路島は、香川への帰省に高速道路で通り過ぎるだけだったのですが、ふと思いついてスーパー銭湯に行こうと検索したら、「パルシェ香りの湯」というええ感じの銭湯があったので、妻と行くことに。

たこせんべいの里


「津名一宮IC」という所で、高速を降りたのですが、意図せずして「たこせんべいの里」に出くわしました。彼女も家族と行ったことがあるらしく、大変美味しいとのこと。


商品名「いろいろ」を購入。シンプルで分かりやすい!タコだけでなく、イカやエビなどの魚介類のせんべいが豊富にパッケージされてます。これが美味すぎで手が止まらない。あっという間に2人で完食してしまいました。


確か1000円以上買うと写真のような小袋がオマケでついてきます。太っ腹!他に真っ黒でまん丸のイカスミせんべいを買ったのですが、試食ではそれが抜群に美味かったです。

パルシェ香りの湯


目的地の「パルシェ香りの湯」へ。ここは、香水作りや石鹸作りの体験も出来るようです。そこに温浴施設、レストラン、宿泊施設があるという複合型のレジャースポット。子供が楽しめるような滑り台なんかもありました。淡路島には、「日本書紀」にある沈香の香木が流れ着いたという記述があり、線香の生産量が日本一を誇るそうです。線香を始めとした香水や香りのミュージアムもあって、五感で楽しませてくれる施設です。


たまたま金曜日で「夫婦・カップルは700円」。ツイてます!しかし、ひょっとして男性同士や女性同士だとカップル認定されないのかな、と感じました。男性の湯は、日本の香り「よもぎ」

あとがき


帰り際に、小豆島あたりに沈む夕日を眺めました。初めて、訪れた淡路島。海の美しさと森や木々の自然美、温泉やグルメといろいろ楽しめそうですね。折に触れて訪れてみたい場所の一つになりました。

Posted from するぷろ for iOS.

最新情報をチェックしよう!