映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」の舞台2015年ってあと1年ちょっと!

バック・トゥ・ザ・フューチャー

だいぶ前に買った輸入盤の3部作トリロジーがセットになったBlu-rayをやっと試聴しました。
価格は何と3,000円以下でした。
友人から借りた3部作のビデオテープを繰り返し見た日々を思い出します。

あらすじを引用します。

[note]未来に行ったマーティが賭けのネタ本として目をつけたスポーツ年鑑が
宿敵ビフの手に渡り、彼は過去の自分にその本を手渡す。
そのために大きく変化した1985年の世界を救うため、マーティは再び1955年へ。
第1作で完結していたにもかかわらず制作された続編。[/note]

上記引用はこちらのYahoo!映画さんより引用しました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー
紙パッケージをスライドさせてみた様子です。

バック・トゥ・ザ・フューチャー
だいぶ前に見た「PART1」。

バック・トゥ・ザ・フューチャー
今回鑑賞したのはこの「PART2」です。

2の舞台は「未来」。それも2015年!

PART2の舞台は「未来」なんです。それも2015年!
2015年というと、あと1年ちょっと。
1989年制作の本作。どれだけ未来を予見していたのでしょうか。
ちょっと見てみましょう。

バック・トゥ・ザ・フューチャーの描く2015年

  • ホバーボード(地球の磁力を利用して空中に浮くボード)
  • テレビ電話
  • 自動でフィットするジャケット
  • 空飛ぶ自動車
  • アメリカ人の上司が日本人

・このうち、テレビ電話はすでに実現。
 映画では自宅のテレビで電話をしていましたが、
 今は手のひらに収まる「iPhone」が登場。
 Facetimeでは無料で通話可能です。
 ただ、日本では街角でテレビ電話をしている人は見かけませんが。

・「アメリカ人の上司が日本人」は今では「中国人」でしょうか。

・「空飛ぶ自動車」とは違いますが、日産が「自動運転車」を発売するそうです。

・私は科学に詳しくないですが、ほかのはあと1年弱では難しそうな技術ばかりです…。

このように、昔の映画が描く「レトロなフューチャー」を
見て今と比較するのも面白いですね。

最新情報をチェックしよう!