映画「ブレードランナー 2049」レビュー

SF映画の傑作「ブレードランナー」の30年後を描く続編。昨日、初日に鑑賞したが、未だに余韻に浸っていて、購入したパンフレットを熟読しています。監督が「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴに替わり、リドリー・スコットは製作総指揮に回っているのですが、本人が監督したかのように、違和感なく地続きの世界観。継承するだけでなく、さらにテーマ性を深化させているように感じられました。「ヒト」に作られし「ヒトならざるもの」を合わせ鏡にして、「人間性とは何か?」を問うたSF映画のまさに真骨頂。今回もアジアをモチーフにした無国籍都市のビジュアルが圧倒的で、前作から30数年のうちに進化した映像美をふんだんに見せてくれます。細かいところですが、前作はいささかいい加減だった漢字の書き文字が意味の通るものになっていて、日本人のスタッフが関わっているのかな、と感じました。脚本も素晴らしく、1つの大きな謎への旅路が上手く描かれていて、大変満足いくものでした。唯一の欠点は長すぎること。とは言え、演技の間の取り方も観客に想像の余地を与えるもので、この長さは必要だったのかな、と思います。そんなに長くも感じなかったですし。今年の洋画の中でも、トップクラスの出来ではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!