CATEGORY

映画レビュー

  • 2022年8月17日
  • 2022年8月17日

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー3部作』感想・ネタバレあり。何度見ても飽きない「パーフェクト」な映画

フジテレビの土曜プレミアム枠で、7月に3部作が一挙放送された「バック・トゥ・ザ・フューチャー」トリロジー(3部作)。 私にとって、宝物のような本作。数えたことはないけど、何度も何度も繰り返し見ています。 当然、次の展開も知っているはずなのに、相変わらずワクワクさせてくれるのはなぜなんでしょう? そん […]

  • 2022年8月2日

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』感想・ネタバレあり。気になる要素がありつつも、上手くまとめたシリーズ最終作

恐竜が子どもの頃から大好きで、「ジュラシック パーク」&「ジュラシックワールド」シリーズをこよなく愛する私。 先日、7/29に公開になった「ジュラシック・ワールド 新たなる支配者」をさっそく鑑賞してきました。 いくつか気になる点はありましたが、それなりに満足出来たかな、という最終章でした。 「ジュラ […]

  • 2022年3月7日
  • 2022年3月7日

映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』感想・ネタバレあり。5都市のタクシー内で繰り広げられる心あたたまるオムニバス

こんにちわ!ゴーペガ@goldpegasus2010です。 今回、ご紹介する映画は、『ナイト・オン・ザ・プラネット』です。 本作は、私の大好きな映画の一つ。 監督は、先日、ご紹介した「デッド・ドント・ダイ」のジム・ジャームッシュ。 20年前に友人と見て、とても面白く、ジム・ジャームッシュの世界観にハ […]

  • 2022年3月1日
  • 2022年3月1日

映画『デッド・ドント・ダイ』感想・ネタバレあり。ジャームッシュ初のゾンビ映画は凡作?

こんにちわ!ゴーペガ@goldpegasus2010です。 ひさしぶりの映画レビュー! 今回は、ジム・ジャームッシュ監督作「デッドドントダイ」です。 「デッドドントダイ」のあらすじ アメリカの片田舎・センタービル。 ロバートソン署長(ビル・マーレイ)とピーターソン巡査(アダム・ドライバー)は、突如よ […]

  • 2021年7月12日
  • 2021年7月15日

【映画】ブラック・ウィドウ。久々のMCU映画はスパイアクションで家族ドラマ

2019年に公開された「スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム 」。その次作は、本作「ブラックウィドウ」なのですが、コロナ禍による延期に次ぐ延期で2年越しでやっと公開。私も待ちに待っていたので、昨日、やっと観てきました!果たして、その出来栄えは? マーベル再始動に相応しいスパイアクション! 衝撃の […]

  • 2021年7月4日
  • 2021年7月4日

【映画レビュー】ド迫力の怪獣バトルを刮目して見よ。「ゴジラvsコング」

映画「ゴジラvsコング」レビュー ゴジラとキングコングを中心としたユニバース「モンスター・バース」第4弾。遂に、ゴジラとコングの直接対決が描かれます。正直、前作は劇場に見に行ったにも関わらず、ほとんど細かい筋は忘れていて、ゴジラとギドラとモスラ、ラドンは出ていたな〜と言う感じ。コロナ禍で他のハリウッ […]

  • 2021年3月19日

新劇場版からのライトなエヴァファンが「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を見たら…(ネタバレなし)

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の延期を経て、3月8日に劇場公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」。25年の歴史のある本作。私は、新劇場版から見始めたライトなファンです。
 私とエヴァンゲリオン この完結編を見て、率直な感想ですが、やっぱり、このエヴァンゲリオンというアニメはあまり好き […]

  • 2020年12月2日

映画「海の上のピアニスト 4Kデジタル修復版」を高松ソレイユで鑑賞。楽曲の完成度の高さと物語に思わず涙が…。

「海の上のピアニスト」が20周年を期に、「4Kデジタル修復版」と「イタリア完全版」の2つが劇場上映。私の住んでいる香川県の高松市にある「ソレイユ」という老舗の劇場でも「4Kデジタル修復版」を上映しており、私も20年ぶりくらいに観に行ってきました。

  • 2020年2月12日

「殺人の追憶 デジタル・リマスター版」鑑賞。シネマート心斎橋「鬼才ポン・ジュノの世界」特集上映にて

鬼才ポン・ジュノの世界 「パラサイト 半地下の家族」で見事、アカデミー賞作品賞に輝いたポン・ジュノ監督。そんなポン・ジュノ監督の過去の名作がシネマート心斎橋で特集上映をしていたので、早速観に行ってきました。傑作として名高い「殺人の追憶」です。

  • 2020年1月25日

「パラサイト 半地下の家族」鑑賞。「カメラを止めるな!」を彷彿とさせる素晴らしい脚本でした!

カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」。期待して観に行ったのですが、その期待を上回る出来栄え。邦画「カメラを止めるな!」を彷彿とさせる緻密に組み立てられた素晴らしい脚本で、笑えるシーンもいっぱいでした!