映画「エンド・オブ・ザ・ワールド」の感想・レビュー

スポンサードリンク

これも映画サークルの友人に勧められた一本。隕石落着まで3週間を切った滅亡寸前の地球のラブストーリー。隕石と言うと「アルマゲドン」、「ディープインパクト」をすぐに思いつきます。この映画は、隕石落着から地球を救う英雄たちの話ではなく、普通の人々のお話。最早、隕石撃墜に失敗し、地球滅亡は避けられない運命となっています。残された時間をどう使うか?誰と過ごすのか?本当に大切な人って?そういった疑問をこの映画は投げかけてきます。ヒロインのキーラ・ナイトレイは可愛いし、主役のスティーブ・カレルの佇まいもいい感じです。そんな切迫した話でもなく、割とサラッと観れる作品です。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする