映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」の感想・レビュー。何度も見たマイベスト映画!

僕のマイベスト映画10本のうちの一つ。公開当時、あまりの面白さに、2回目は会社の同僚や先輩を誘って、多人数で観に行ったのが思い出深い一本。当時は、仕事を始めたばかりで右も左も分からなかったなぁ、とか物思いにふけりつつ…。もう22年も前の映画なんですね!久々に見て、最初の内は「あれ、こんなんやったっけ…」と不安に。若い頃に見た映画って、感受性が今と段違いやから、特別よく感じるって話は映画ファンなら聞いた事があるかもしれません。「まさか、フォレスト・ガンプもそういう一本なのか…!」しかし、不安は稀有に終わりました!フォレストが、矯正器を走りながら解除するシーンで途端にヒートアップ!あぁ、これやで、これ!!やっぱり、心の名画は健在でした!初めてフィルマークスで5.0をつけるのは、これしか無いです。って、未見の方にあらすじをザッと。知能指数は75しか無いが、ランニングの類いまれなる才能と、人並外れた集中力を持つフォレスト・ガンプ。彼と幼馴染みのジェニーとのラブ・ストーリーを軸に、近代アメリカ史の光と影を織り交ぜた、まさに「人生」について描かれた人間ドラマ。ベトナム戦争、ヒッピー、ウォーターゲート事件、ケネディ暗殺など、アメリカ史を勉強しておけば、より楽しめます。歴代大統領のニュース映像に、ガンプを紛れ込ませるというCG処理の使い方が当時話題に登りました。彼の素直な性格が、幸運を引き寄せるんやな、と生き方についても勉強になる作品です。これ観てて、思い出したのがもう一点。映画館ってみんなが笑う所が一緒やった時の一体感!これ、今日1人で見てて思い出しました。やっぱり、映画は劇場で観るのが一番ですね。

最新情報をチェックしよう!