ランニングのログに最適。GPSウォッチの決定版「GARMIN(ガーミン)Fore Athlete220J」を購入!!

スポンサードリンク

ガーミン220J

週3回ランニング、1週間合計4〜50kmは走っているゴールドペガサス(@goldpegasus2010)です。

ランニングサークルに参加

今年の5月下旬ごろから、社会人のランニングサークル「windrun」に参加させていただいてます。

ランニングサークルWindRun(ウィンドラン) – 風のように走る

「一人で走っているとすぐ諦めてしまう距離でも、仲間となら楽しく走れるんではないだろうか」と
思ったのが、サークルに入ったきっかけです。
だいたい3ヵ月くらいになりますが、入る前は5〜10km程度だった距離が
今では20km程度は走れるようになりました。
ついでにスピードも多少アップ。
現在では10kmを1kmあたり「5:30」で走れるようになりました。
※ちなみに「Runtastic」の2年前の速度は「7〜8分」もかかってました。

「ガーミン」を買った理由。

ガーミン220J

「windrun」で5月以来、大阪城練習会に参加させてもらってるのですが、
ランナーの皆さんのほぼ7〜8割くらい身につけているのが「ガーミン」のランニングウォッチ。
「ガーミン」と言うメーカーは、僕も走り始めてから知りました。

普段、時計をしないこともあって、GPSウォッチを買うと言う選択肢はあまり頭にありませんでした。
また、ランニングのログ自体は、2年ほど使っているiPhoneアプリ「Runtastic PRO」を使用してとっていました。
しかし、10〜20kmと走る距離が伸びるに従って、iPhoneのバッテリーが持たないことが判明。
20kmも走るとバッテリー残量はほぼゼロになります。
マラソンを走る際のログをどうしようか、というのは切実な問題でした。

※ちなみに「バッテリー」も交換しましたが、焼け石に水でした。

  関連:「意外とカンタン!iPhone5のバッテリー交換!!」

そこで検討したのが、「GPSウォッチ」と言う選択肢。
iPhoneは便利ですが、「ネット」、「メール」、「SNS」、「音楽」に「仕事」、
すべての作業を行わせるには、どだい無理というもの。
「バッテリー」の問題が敢然と立ちふさがってくるのです。
iPhoneで一番バッテリーを食うのが「GPS」。
不可の一番かかる作業を外部機器にやらせればいいんじゃないか?、というのが購入の最大のきっかけです。

今回、購入した「GARMIN(ガーミン)Fore Athlete220J」
「みちびき」と呼ばれる、日本のJAXAが2010年に打ち上げた衛星のGPSに対応しているのがポイント。
日本の真上を通っている人工衛星なので、橋の下やトンネルにでも入らない限り、ビルなどの影響を受けにくいのです。

iPhoneアプリ「Garmin connect Mobile」でBluetooth接続

スクリーンショット 2014 08 23 14 57 33

このガーミンですが、iPhoneアプリもあります。
Bluetooth接続で、時計から走ったデータをiPhoneに送信します。

Garmin Connect

アプリを入れる前に、インターネットの「ガーミンコネクト」でアカウントを取得しておきましょう。

iPhone-garmin-connect

「Garmin connect Mobile」のアイコンです。

Garmin connect Mobile

アプリの画面です。「ホーム」をタップ。

Garmin connect Mobile

「アクティビティ」をタップ。アクティビティの名前は自由に編集できます。

Garmin connect Mobile

「アクティビティ」の画面はこんな感じ。地図と「時間、距離、ペース、カロリー」が表示。必要にして十分な感じです。

Garmin connect

ちなみにWeb版で見るとこんな感じ。iPhoneより地図が精細になります。

あとがき

ランニングの長距離化に伴う「ログが取れない問題」を
解決してくれた「ガーミン」。
普段の練習をはじめ、出場予定のフルマラソンなどで「大切な相棒」になってくれそうです!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする