映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」レビュー

スポンサードリンク

士郎正宗のコミック「攻殻機動隊」を、押井守がアニメで劇場映画化。最初に見たときは、ラストの衝撃を含めてとても感慨深かった作品です。今思えば、「ブレードランナー」の退廃的なビジュアルやディストピアの色濃い影響下にある作品。昨年ハリウッドで実写映画化もされていますが、この作品の深遠で哲学的なテーマ性には遠く及びません。AI(人工知能)とは何か?自己と他者を隔てる境界線とは?アイデンティティの定義とは?SFのスタンダードともいうべき、いくつかの疑問が頭をよぎるSFアニメーションの傑作。ハリウッド実写作品は置いといて、こちらを強くオススメします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする