アニメゴジラ第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」をネットフリックスで視聴。さすがのCGクオリティでした!

スポンサードリンク

ゴジラ 決戦機動増殖都市
再開したネットフリックスで、最終章「星を喰う者」が公開予定のアニメゴジラ第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」を視聴しました。映画館で見逃していたのですが、SF用語が若干難解ながらも、CGのクオリティ、戦闘シーンのスピード感はさすがの出来でした!

最終章にうまくつなげた中継ぎの「ゴジラ 決戦機動増殖都市」

本シリーズは、「シドニアの騎士」を手掛けたポリゴン・ピクチュアズによる「ゴジラ」初のフルCGアニメーション。その第2章にあたります。第3章「GODZILLA 星を喰う者」は、今年の11月9日に公開予定です。設定は、本格的なSF。「ゴジラ」という怪獣により地球を追われた人類が、移民先の惑星を探す、といった筋書きは、「シドニアの騎士」とほぼ同じ設定。しかし、「シドニア~」と違うのは、移民が事実上の失敗に終わり、再び地球へと帰還する、というもの。考えてみれば、こういった「恒星間移民SF」が結構好きな私。アニメではあまりにも有名な「マクロスシリーズ」に始まり、先ほど挙げた「シドニアの騎士」もめちゃくちゃ好き。さらに、ジェニファー・ローレンス&クリス・プラット主演の実写映画「パッセンジャー」も楽しく見させていただきました。「GODZILLA 決戦機動増殖都市」も、難解なSF用語が多いながらも、歴代最大のゴジラの巨大さに圧倒されつつ、バトルシーンのスピード感、さまざまな星の出身者たちが共闘してゴジラと立ち向かう高揚感も素晴らしいです。また、近年話題の「AI(人工知能)」についても独自の解釈が面白く、興味深く見させていただきました。

あとがき

アニメゴジラ第2弾「ゴジラ 決戦機動増殖都市」。難解なSF用語とアニメのためかとっつきにくいですが、圧倒的なCGのクオリティと戦闘シーンの迫力は一見の価値あり。まずは、第1章をオススメします!ちなみに、ネットフリックスでは、見放題なのでそちらもお得ですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする