映画「グレムリン」レビュー。何を隠そう人生初の洋画。

スポンサードリンク

何を隠そう映画館で観た人生初の洋画。「映画ってメチャクチャ面白いなぁー」と思った小学生のあの頃。今観たら、まぁ3.5くらいの映画。それでもスピルバーグ製作総指揮なんで、一定以上の面白さは担保されています。パペット丸出しなんやけど、ギズモの可愛さがたまらない。その後に出てくるグレムリンの凶悪さとの対比も素晴らしいです。CGもない時代によく作り上げたなーと思いますね。街のセットがバック・トゥ・ザ・フューチャーと共用らしいので、懐かしさも手伝います。主人公のお母さんがかなりの強さでビビりました。アマゾンプライム入っている方には是非オススメしたいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする