映画「ヒート」レビュー

2012年に発売された映画「ヒート」国内初のブルーレイのHDリマスターが、TUTAYAディスカスにあったので鑑賞。これも約20年ぶりの鑑賞か。当時はスピーカーにこだわっている友人宅でVHSで観たような記憶が。本物の銃撃音を収録していて、音響の凄まじさたるや!この銃撃戦を超えるクライムアクションはちょっと思いつかないです。主演は、「ゴッドファーザーPART2」以来の初共演のアル・パチーノとロバート・デ・ニーロ。追う者と追われる者の関係性ながら、初対面のシーンでは、お互いに自分自身を鏡で見るかのような相似性を見出します。片や、寝ても覚めても犯人を追い続け、三度目の結婚も破綻寸前の刑事。もう一人は、アシがつくからと特定の恋人を持たない現金強奪のプロ。善悪違えど、本質は全く同じなんじゃないか、と思わせます。デ・ニーロと恋人がLAの夜景で語らうシーンは出色の出来。他に、まだ若いナタリー・ポートマンが娘役で出演。2時間50分と長いですが、ハードボイルドに酔いしれたい方は必見です。

heat
最新情報をチェックしよう!