映画「怒り」レビュー。衝撃の結末!豪華俳優陣の演技も見事な作品。

スポンサードリンク

八王子の惨殺事件から1年後。千葉、東京、沖縄の3ヶ所に犯人に似た素性の知れない人物が現れる、という3つの群像劇。沖縄の事件が自分的にはかなり気分が悪くなり、途中まではタイトル通り「怒り」モードの自分。星1.0確定やな、と思っていましたが…。やはり、映画ファンが絶賛するだけあって、終盤の怒涛の展開が見事!ネタバレになるのを避けたいので、書かないが、全てが救いがないというワケではなく、少し溜飲を下げたかな。妻夫木聡、渡辺謙、宮崎あおい、綾野剛、広瀬すず、松山ケンイチの類いまれなる演技を堪能する作品。見た後に誰かと話したくなります。ただ、もう1回は見たくないので、星3.5の評価ですね。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク