映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」レビュー

スティーヴン・キング原作「IT」の2度目の映像化作品。「ピエロ」をホラーキャラクターに仕立て上げたモンスター・心霊系のホラー映画。子供にしか見えないピエロ(ペニー・ワイズ)の設定が面白く、ホラーとしてはベタな描写が多いものの安心して(?)楽しめる作品。子供たちの友情と淡い初恋も描いていて、「スタンド・バイ・ミー」×「ホラー映画」の趣きも。TOHOシネマズ梅田のスクリーン1がほぼ満員で、10代〜20代の観客が目立ちました。ホラーマニアには物足りない怖さですが、後を引かない怖さですし、上映中、物語にどっぷり浸かって堪能できました。まぁまぁグロ描写も多いですけど、総じて楽しめる一本です。

最新情報をチェックしよう!