映画「ラスト・シフト/最期の夜勤」レビュー。掘り出しモノの心霊ホラー。

会社の後輩に勧められて鑑賞。ツタヤでは全部借りられており、アマゾン視聴。初勤務に関わらず、移転する警察・旧庁舎での夜勤に臨む女性警察官の恐怖を描く。夜勤あるある、と言うか、暗闇に何か気配を感じたり、物音にビックリしたり…。この映画、夜勤経験者なら、余計怖さ倍増かもしれません。日本の心霊ホラーに通ずる「薄気味悪い」怖さがあります。しかも、グロさ成分もなかなかのもの。後味悪いラストも良く、お化け屋敷的な怖さを堪能できました。

Posted from するぷろ for iOS.

最新情報をチェックしよう!