映画「ルパン三世 カリオストロの城 MX4D」の感想・レビュー。あの傑作が体感する映画として再登場!

宮崎駿監督の第1作「ルパン三世 カリオストロの城」が、なんとMX4D版として劇場上映。これは見に行かねば!と去年から待ち遠しい日々でした。本作は、2014年のデジタルリマスター版をベースに4Dの特殊効果を加えたもの。カーチェイスが定評のある作品なので、車のガタガタ感が見事に再現!その他、ちょっと不快に感じるほど(笑)の水しぶきに、劇場正面からは煙や閃光のエフェクトも!!すでに何回も観ている作品ですが、体感する映画としてかなり新鮮味がありました。また、宮崎駿さんお得意の「ボーイ・ミーツ・ガール」はこの作品で既に確立。正確には、「オッサン・ミーツ・ガール」やけど。その後に「ナウシカ」、「ラピュタ」と幾度となく使われている宮崎監督の物語のアーキタイプ(元型)とでもいうべきもの。高所を素手でクライミングするという定番のアクションも既に健在です。少々お高いのですが、未見の映画ファンには広くオススメ出来る痛快なエンターテインメントです。

最新情報をチェックしよう!