映画「ミッション:インポッシブル3」レビュー。シリーズ屈指の面白さ!

スポンサードリンク

「ミッション:インポッシブル」シリーズ第3作。監督が毎回変わっても、面白さが一定ラインを越えている鉄板シリーズです(2は除く)。冒頭シーン。いきなりイーサンが、敵らしき人物に捕らえられています。「これは何なんだろう?」というツカミはオッケーからスタート。ある登場人物に関するミスリードの脚本も上手く、J・J・エイブラムスの手腕はさすがの一言。アクションも非常にカッコよく、イーサン絶体絶命の展開を盛り上げます。毎回、これはムリやろー、っていうミッションを完遂していくイーサン。本作では、近年のシリーズでの愛すべき名脇役ベンジー(サイモン・ペッグ)が初登場。僕の1番好きな4作目へと続いていきます。今日観る「フォール・アウト」も楽しみなシリーズ3作目でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする