【マイホーム】第1話「業者選び〜設計契約まで(この1年を振り返る)」

マイホームの本

こんにちわ!ゴーペガ@goldpegasus2010です。

大阪から香川県に移住して、はや2年。

私が、香川県に移住した目的は2つあります。

1つ目は、自然豊かな場所で
子育てをしたい、ということ。

2つ目は、妻の実家の敷地内に
一戸建てのマイホームを建てること。

大阪の住まいは、両親の購入した
分譲マンションがスタートでした。

社会人になってからは、アパート、文化住宅、
マンションなどの賃貸住宅に住んできました。

ずっと賃貸で、しかも集合住宅暮らしでした。

一軒家に対して、心のどこかで憧れを
抱いていた部分があるのは正直なところです。

家づくりのスタートは、香川県に引っ越して数ヶ月が
たった頃、2020年の末だったと思います。

あれから1年数か月が過ぎました。

自分たちのマイホーム作りで試行錯誤したこと
などを「現在進行形」でお伝えしたい、と思います。

今後、家づくりを検討している方や、
もう家を作った方などに楽しんで
読んでいただければ幸いです。

まずは、家づくりの業者選び。どんな業者が私たちの嗜好にあうか?

YnS8vOqJScCCzDQ2g1Mt6A

私は、マイホームに対して、
それほどこだわりはありませんでした。

強いて言うなら、平屋ではなく、
2階建てがいいというくらいはありました。

なので、基本的なレイアウトやインテリアなんかは
妻におまかせしよう、かと考えています。

もちろん、二人で相談しながら、
あれこれ決めていこうとも思ってます。

もう1年前くらいになるので、順不同にはなりますが、
コンタクトを取った業者、話を聞いた業者を
この項目でまとめてみたい、と思います。

KITOKURAS(キトクラス) 山一木材

キトクラスカフェ

この記事を書くのに写真を検索してたら、
撮影の日付が2020年の9月。

もう、1年半近く前になるんですね。

月日の経つのは早いものです。

KITOKURAS(キトクラス)」とは、
香川県丸亀市綾歌町にある山一木材さんの
プロジェクトです。

行ってみた理由は、「香川のカフェ」で
紹介されていたから。

雑誌では、森の中にあるカフェ
「キトクラスカフェ」が紹介されていて、
とても居心地が良さそうでした。

カフェでコーヒーを楽しんだ後、
家づくりを考えていることを
打ち明けたところ、会長さんのお話を
聞かせていただくことになりました。

会長さんのお話はとても面白く、
時間の経つのを忘れて、聞き入ってしまいました。

木材を生かした家づくりに対する
考え方の素晴らしさに感銘を受けました。

また、山一木材さんの倉庫も見せていただき、
大きな木材や木工品を見せていただき、
良い経験になりました。

残念ながら、ご縁がありませんでしたが、
僕はここにしてもええかな、と言うくらい
コンセプトがしっかりした作り手やな、と思いました。

コネクトハウス

ここも香川県丸亀市綾歌町にあります。

家具・インテリアのお店です。

マイホームのプランニングや設計も
してくれるところみたいです。

2回くらい訪問したのかな。

マイホームのプランニングの話も聞きました。

家具やインテリアをメインにして、
そこから設計を考える、という他とは違う
コンセプトのようでした。

私も妻も少しピンと来なかったので、
こちらはやめておくことにしました。

でも、椅子とか家具は良い感じだったので、
そちらの購入の検討にまた訪れるかもしれません。

菅組(すがぐみ)

こちらも香川県三豊市にある建築会社さんです。

「あののぉ」という機関紙を発行していたり、
ホームページもしっかりと作ってあって、
前から気になっていました。

讃岐緑想(さぬきりょくそう)という
ゲストハウスを案内してもらって、
暖房を使わず暖かいという断熱性と
家の構造にびっくりしました。

残念ながら、見積もりが少しお高かったことと
担当の方と相性が合わない感じだったので、
遠慮させていただきました。

センコー産業

ASJ(アーキテクツ・スタジオ・ジャパン)という
建築家と施主の橋渡しをしてくれる、独自の
システムをとっている建築会社さんです。

結論から言うと、こちらの建築会社さんに決めました。

センコー産業の営業さん、
建築家さんともに人柄がよく、
最後まで上手くやっていけそうだと感じたことです。

やっぱり、人と人とのやりとりなので、
相性というかフィーリングは大事ですね。

1年を経て、やっと設計契約!

設計資料

ご覧ください。この紙の束を。

1年間、ほぼ毎月打ち合わせを重ね、
積りに積もった設計プランの束です。

他の業者なら有料なところを、
全て無料で行っていただきました。

途中で、見積もり金額が大変なことになったので、
大幅に設計見直しもしていただきました。

ですので、最初のプランとは大幅に
変わる形になりましたが、とても
シンプルな設計になったので、
私は気に入っています。

去年の11月ですが、約1年を経て、
やっと設計契約に至りました。

設計契約料は、55万円です。

あとがき

ようやく設計契約にこぎつけた
私たちのマイホーム。

一応、年末に完成予定ではありますが、
上手くいきますでしょうか。

後日、第2話をアップする予定です。

楽しみにしていてください。

最新情報をチェックしよう!