「夜のピクニック」読了。久しぶりにいい話を読みました。

夜のピクニック


前から気になっていた恩田陸の「夜のピクニック」。やっと読了しました。

「夜のピクニック」レビュー

本作は、第二回本屋大賞を受賞した作品です。とある高校の80キロを夜通し歩き通す「歩行祭」というイベントを軸に、青春時代にしか経験できない青春の輝きや、大人への階段を登る主人公である高校生たちの思いを描いています。主人公である女の子がある秘密を抱えているのですが、読む前はそれがどんなものか興味を惹かれました。その秘密は、少し衝撃的なものでした。そのような境遇になった事が無いので、想像するしかないのですが、当事者たちは結構悩むことだろうと思います。私自身、高校生活は一年で中退しているので、本作のような高校生活を送った事がありません。なので、単純に羨ましかった。二度と戻ってやり直す事が出来ないのですから、何か胸にポッカリと穴が開いたような、焦がれるような名状し難き気持ちがあります。

あとがき

読後感はとても清々しく心地よいものでした。誰でも人には言えない大小あれど、秘密は抱えているかと思いますが、そんな気持ちを分かち合える友達なり恋人や妻がいたら、それこそ本当の幸せではないか、と思います。とてもよく出来ていて、青春小説の宝物と言っても過言ではない小説ですね。

Posted from SLPRO X for iPhone.

最新情報をチェックしよう!