映画「高慢と偏見とゾンビ」レビュー。ゾンビパートはやや薄め。

スポンサードリンク

文芸作品「高慢と偏見」にゾンビが出てくるというトンデモ作品。「高慢と偏見」を未見なので、よくわからないが、映画サークルの先輩に聞いたところ、7:3で忠実だそう。ゾンビ映画を期待していったところ、見事に肩透かしを喰らいました!「シンデレラ」のリリー・ジェイムズの闘うヒロインは良かった。凛とした佇まいと美しさ!そこぐらいかな…。ゾンビのコンテンツでは、「ウォーキング・デッド」が今の所、イチバンですね。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク