映画「栄光のランナー 1936ベルリン」レビュー。ナチスドイツ政権下のオリンピックを描く!

スポンサードリンク

映画の日に2本目の鑑賞。1936年のベルリンオリンピックで、4つの金メダルを獲得したジェシー・オーエンスの実話を映画化。当時は、ナチスドイツがオリンピックを政治利用しており、黒人やユダヤ人に対する人種差別政策をとるナチスに抗議するため、アメリカがボイコットするのではと問題になっていました。たた、そのアメリカも黒人を差別しており、バスでも黒人専用席や、大学でもクラブの着替えの際に、黒人を末席に追いやる始末。そんな情勢下、黒人地位向上委員会から、オリンピックに出ないでくれ、と頼まれたジェシーは大いに悩むことに。ついに出場を決意したジェシーのオリンピックでの活躍は、とてもカタルシスを感じました。主人公が、黒人差別に対してムキになることなく、スポーツで結果を出そうとする姿勢にとても好感が持てます。トラックの上では、白人も黒人も人種は関係ない。ただ早いか遅いかだけなのです。10秒の間だけ自由になれる、というセリフが印象に残っています。すがすがしい気持ちにさせてくれる一本でした。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク