映画「ルーム」レビュー。7年に及ぶ母子の監禁と自由を描く感動作!(※ネタバレあり)

スポンサードリンク

7年に及ぶ誘拐・監禁事件。
狭い「ルーム」で産まれた子供と母親の物語。
かなり期待して観ましたが、総じて満足できた良作です。
2カ所ほど堪えきれず、落涙しました。
鑑賞前に、監禁から自由になった後の話が結構時間を取っているということで、そこを期待していました。
母親が働き始めて社会の厳しさに葛藤したり、子供が学校に通って長い髪の毛を「女の子みたい」といじめにあったりと言うエピソードを想像してましたが、そこまでの尺はなかったようです。
ちょっとあっさり終わったのが、残念かな。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする