映画「ハドソン川の奇跡」レビュー。星4.0!イーストウッドの熟練の仕事を見よう!

スポンサードリンク

「ハドソン川の奇跡」と呼ばれる2009年の乗客全員が無事に生き残った航空機事故。だが、ハドソン川への「着水」は、果たして正しい判断だったのか?国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる、というストーリー。国民の英雄が一転して、容疑者扱いと言う、正しい事をしたのに追及されるってどう言うことよ!って憤慨しながら見てました。トム・ハンクスがモヤモヤした時にランニングするのが個人的にツボ。フォレスト・ガンプを思い出します。あれよりぜんぜん遅いけど。自分もランニングするんで、走りたくなりましたね。年を重ねて円熟味が増し、本当にカッコいい俳優さんです。個人的に、物損事故ですが、生まれて初めて事故したんで、そういう意味でもタイムリーな一本。90分と短いし、人の温かさを感じられたひと時でした。職業倫理を突きつけられる仕事人として、社会人に広くオススメ出来る映画です。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク