映画「ボーン・スプレマシー」レビュー。ジェイソン・ボーン復習第2弾!

スポンサードリンク

「ジェイソン・ボーン」復習第2弾。
ボーンシリーズの2作目です。
前作でCIAの「トレッドストーン」で生み出された人間兵器であることが分かったジェイソン・ボーン。
本作では、インドのデリーで恋人とひっそり暮らしています。
そこへCIAの刺客が現れ…と言ったストーリー。

2004年制作で、実に12年前。
あの頃、こんな仕事してたなぁ、と物思いに耽りつつ鑑賞。
冒頭の場面とか結構記憶してました。
監督がポール・グリーングラスに変わり、場面のテンポやスピード感がアップ!
2作目にして面白さが加速した感じ。
カーチェイスの迫力は半端ない。
他には、携帯のSIMカードをコピーするなど、ボーンのエージェントとしての細かなテクニックが見どころです。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク