『ザ・トラベルナース』第6話「ナースたちの逆襲!?クビをかけた大暴露」感想・ネタバレあり。

トラベルナース

第1話から視聴している「ザ・トラベルナース」

今日は、第6話を視聴しました。

トラベルナースとは?

6ヶ月程度の期間を設けて、看護師不足の病院などに勤務するスタイルのようです。

もともと70年代、80年代にアメリカで普及した働き方だそうで、ドラマの主人公もアメリカ国内でトラベルナースとして働いていた経歴を持っています。

土地に縛られず、いろいろな場所で新鮮な気持ちで働けるという事で、なんだか羨ましいような働き方ですね。

実際は、人手不足の現場なので、かなり大変だとは思いますが。

『ザ・トラベルナース』を6話まで観ての感想

看護師の妻が予告編を見て、見てみたいとのことで視聴開始。

毎回、2人で楽しく視聴しています。

ただ、実際、看護師で働いている妻の視点からすると、いろいろと言いたいこともあるようで。

私も、主役の看護師2人(男性)と同僚の看護師たち数名(女性)が、同じ寮で暮らしているという設定は、さすがに変やな、と思ったりはします。

まぁ、面白いからいいのですが。

毎回、歩(岡田将生)と九鬼(中井貴一)の掛け合いが、刑事のバディものみたいで面白いです。

また、看護師視点からの「働き方」や患者との関わり方など、勉強になります。

私は、介護職なので、よくわからない医療的な部分は、隣に座っている看護師の妻に聞きながら見てます。

『ザ・トラベルナース』第6話の感想・ネタバレあり

今回は、上と下の板挟みにあった看護部長が、院長にキレて暴言を吐いてしまい、クビになってしまうというお話。

院長や事務長のある秘密の暴露には、思わず笑ってしまいました。

このドラマ、笑いの部分もよく出来ています。

ただ、今日の話で一つだけ気になった箇所がありました。

看護師たちが、院長に看護師の待遇改善を要求する場面で、主人公と看護部長が介入して解散させられてしまうところ。

それどころか、謝罪までさせられてしまうのです。

職場に、改善要求を伝える事や、場合によってはストライキをする事は、労働基本権の一つとして保証されています。

そこだけが引っかかりました。

あとがき

少し気になる描写がありつつも、全体的に面白い「ザ・トラベルナース」

8話が最終回のようですが、後2話も楽しみです。

Posted from SLPRO X for iPhone.

当ブログ「ゴーペガ」は下記バナーのブログランキングに参加しています!ポチッとしていただければ、とても励みになりますので、よろしくお願いします!!
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!