映画「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」レビュー。ケビン・スペイシーにハズレなし!!

スポンサードリンク

死刑廃止論者のデビッドゲイル。
彼は、強姦殺人の容疑で死刑宣告となる。
死刑執行まで残り3日間。
雑誌記者ビッツィーは、独占インタビューを行うが、
次第に彼の無罪を確信するようになる。
映画サークルの友人に勧められて観た本作。
本作もサスペンスのケビン・スペイシーに
ハズレなし!の名作でした。
オチはモチロン書けないが、セブンの
ケビン・スペイシーを見ているとより楽しめます。
最後は、ドンデン返しに次ぐドンデン返し!
二重底と表現すべきか。
やはり、死刑制度がテーマだけあって、
重苦しい話ではあるので、メンタルも
体調もいい時に観たい作品ですね。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサードリンク