映画「疾風スプリンター」の感想・レビュー。自転車ロードレースの世界を描いた台湾のスポーツドラマ!

自転車ロードレースの世界を舞台に、登場人物の恋・友情・栄光と挫折を描いた本格派のスポーツドラマ。主な舞台は台湾ながら、あの有名メーカーの「GIANT」は一切出てこず、プロの世界では使われないのでしょうか。自転車ロードレースのシーンはかなり熱く、観ていて拳を握りしめるほど。それ以外のドラマシーンは、若干ベタやけど、嫌いではありません。というか、かなり好き。プロスポーツの世界なんで、ドーピングに、反則、相手チームのアシストに金を渡しての妨害工作など、何でもござれ。シビアに描かれています。ラストバトルの熱砂の攻防戦も、胸熱な展開。自転車が好きな方はかなりハマること請け合い。自分はクロスバイクは持っていたけど、これ観てロードバイクが欲しくなるんじゃ、と心配でしたが、杞憂に終わりました。後半やスタッフロールの生傷絶えない場面を観て「あ、やめとこ」って思いました(笑)。冒頭に出てくる主人公たちの所属チームの天才メカニック少女が、かなりの美少女。欧陽娜娜という女優さんで、「あれ?」っと思って調べてみると、欧陽菲菲(オーヤン・フイフイ)の姪だそうです!上映館が限られますが、スポーツドラマが好きやったら、オススメです。

最新情報をチェックしよう!