ディズニー・ピクサー新作「トイ・ストーリー4」。手作りおもちゃ「フォーキー」のアイデアが面白い!

トイ・ストーリー4
梅田ブルク7・ドルビーシネマで早速鑑賞してきましたディズニー・ピクサー新作「トイ・ストーリー4」!前作までで3部作が終了し、新たな持ち主の元で新たな人生(?)を歩むことになったカウボーイ人形のウッディと、スーパーヒーロー人形のバズ。果たして「4」ではどんな冒険が待っているのか?!


TOY STORY 4 SPECIAL BOOK (バラエティ)

手作りおもちゃ「フォーキー」のアイデアが面白い「トイ・ストーリー4」

トイストーリー4
新作になるごとにCG技術の躍進で映像表現のクオリティアップは言わずもがな。本作の冒頭の雨のシーンでは、ドルビーシネマの高精細画像も手伝って、「実写映画を観ているのか?」と錯覚してしまうほど。本作で初登場するフォーキー。人間側の主人公ボニーが作った初の手づくりおもちゃ。これはとても良いアイデアだと思いましたね。これ以上無いほど、単純化されたキャラクターの原点というか、究極のキャラクターという感じがします。子供の想像力の凄さを物語っています。前作で一応の完結を見たトイストーリーシリーズですが、本作が真の完結編かも?いや、新たなストーリーの始まりも予感させるラスト。続編も作られそうですが、長く愛されるシリーズであり続けて欲しいです。

これまでの「トイ・ストーリー」を振り返ろう

トイ・ストーリー

伝記「スティーブ・ジョブズ」でジョブズが独立会社としたピクサーの草創期が描かれていて、再び見たくなり何十年ぶりかで鑑賞。配信サービスのディズニーデラックスを利用。今見ると、流石にCGのキャラクターがレトロに感じられます。ウッディやバズのようなオモチャのキャラクターは良いのですが、人間とか生き物の表現はまだまだ難しかったんやなぁ、と。それでも当時は「世界初のフルCGアニメーション映画」という事で、私も興味深く観ましたし、今見ても色褪せない。

トイ・ストーリー 4K UHD [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

トイ・ストーリー2

ジェシーことカウガールは、この2で出てきたんですねー。「主人」が新しいおもちゃを買ったり、大人になるにつれて興味を失い、捨てられてしまうおもちゃや人形たちのドラマに焦点を当てた続編。主人への無償の愛という意味では、犬や猫などのペットたちを連想させます。飼い主の飼育放棄や多頭飼育などのペットの社会問題を投影してるようにも感じられます。そう言った社会派な側面以外にも、おもちゃ屋さんでの大冒険や、前作に続いてのウッディとバズの掛け合いなど、アクション、笑いの面でも楽しめます。

トイ・ストーリー2 4K UHD [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

トイ・ストーリー3

元々は、スティーブ・ジョブズが3部作の構想だったので、一応の完結を迎えます。最新のCG技術をふんだんに投入しているので、ウッディやバズの質感、映像のクオリティも段違い。ウッディの人形らしい可動域の再現も良かったですね。今までで、一番アクションや危機一髪のシーンに迫力があり、おもちゃや人形たちの冒険であることを一瞬忘れてしまうほど。悪役のロッツォ・ベアや新キャラクターのケンとバービーの掛け合いも面白い。ラストはだいたい想像出来ていましたが感動的でした。

トイ・ストーリー3 4K UHD [4K ULTRA HD+ブルーレイ] [Blu-ray]

あとがき

老若男女問わず誰でも楽しめる「トイストーリー」シリーズ最新作の「トイ・ストーリー4」。どうせなら、IMAX、ドルビーシネマなどの音響・映像にこだわった劇場の大画面で楽しんでほしい作品。さすがに、1~3を見ずには楽しめないと思うので、しっかり予習をおすすめします!


トイ・ストーリー DVD・トリロジー・セット (期間限定)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする