冬のロング走(20km〜ランニング)の装備をご紹介!!その1(ウェア、シューズ編)

ランナー

Original Update by jpo.ct.

いよいよ21日後に迫った「篠山ABCマラソン」
西日本でも、屈指の人気を誇る市民マラソンです。
エントリー日の夜中には受付終了するほどで、事前の情報がなければ、
会社の昼休みにエントリーできないところでした。

そろそろロング走も走り納めが近づく時期ですが、先週の金曜日にロング走に
行ってきましたので、その時の装備品をご紹介します!

30km走をプランニング

私が、ロング走のプランニングに使っているサイトが「キョリ測」。

キョリ測(ベータ) 地図をクリックして距離を測定 消費カロリー計算や面積測定も

地図上をクリックしていくだけで、距離を計測してくれます。
とっても便利なサイトです。(※iPhoneアプリもあります。)
大阪市内〜一庫ダムのあたりをグルグルで30kmかなーと。
結果的には、20kmで帰ってきましたが…。

ロング走のウェア、シューズ

adidasのウィンドブレーカー

まずは、冬の防寒対策にアディダスのウィンドブレーカー。
私は、ランニングシューズもアディゼロ(adizero)を愛好しているので、
ウェアもアディダス党であります。

ウィンドラン関西のTシャツ

去年の5月から参加しているランニングサークル「windrun」。
関西のTシャツを、1月にゲットしたのでさっそく着ています。

ランニングサークルWindRun(ウィンドラン) – 風のように走る

初心者からでも参加出来るサークルですので、ぜひ参加してみてください。

ファイントラック

Tシャツの下に着ているインナーの「ファイントラック」。
「汗をかいても冷えにくい」という特色を備えています。
トレラン用に買ったものですが、ロング走その他にも使っています。

アディダスのランニングパンツ

もちろん?アディダスのランニング用の短パン。
この下にランニングタイツを履きます。

cw-xランニングタイツ

ランニングの短パンの下に履くCW-X(シーダブリューエックス)のランニングタイツ。
マラソンでサブ3レベルの人で履いてる人は皆無ですが、
初心者〜サブ4レベルなら、足をサポートしてくれて走りやすく感じます。

ナイキのランニンググローブ

冬のランニングに欠かせないランニング用の手袋。
走って暖まってくると、不要になりますが。

ランニング用フリップベルト

最近の買い物で大ヒットだったのがこの「FlipBelt(フリップベルト)」。
写真のように、「ベルト状になっているウェストポーチ」で
なんとiPhone6、小銭、Pitapa、鍵が入ってしまいます!!
よくあるボトルポーチがかさばって嫌いな人には、非常にオススメ。
夏のランニングはこれだけでいいんじゃあないか、というくらい。
ジェルも細身のものなら余裕で入りますよ。

pumaのランニングソックス

5本指のpumaのランニングソックス。
ロング走には最適だと思います。

バンドエイド

ランニングを始める前は、「そんなん嘘やろ〜?」と
思っていた「乳首が擦れて血が出る」というヤツ。
ホンマでした…汗
僕は15km越えたあたりでも血が出ます。
両方の乳首にこのバンドエイドを貼るのは欠かせないですね(笑)
人によっては、ワセリンを塗ったりするそうです。

アディゼロ・ジャパンブースト2

11月の淀川市民マラソンから履いている「adizero japan boost2」。
当初は、自分にはレベルが高すぎる感じでしたが、だんだん馴染んできました。
キロ5分を越えるスピードだと、羽が生えたような感じでスピードが乗ってくるのを感じます。
サブ4を狙うランナーにはうってつけらしいです。
ちなみに、昨年のベルリンマラソンでキメット選手(ケニア)が
世界新の2時間2分57秒で走り抜けた時に履いていたシューズです。

去年発売になった新色の「ネイビー」がランシューっぽくなく、
落ち着いた色なので、とても気に入ってます。

あとがき

なかなかのボリュームになってきたので、「その2」に続きます!

最新情報をチェックしよう!